上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここ数日・・・いや数週間、ず~~っと待ってた郵便物。
その郵便物が、本日、やっと届いたぁ~~!!

それは、何かと言いますと。。。。

IMG-20120329-00163_convert_20120330095338.jpg

ボストンマラソンの書類。

これを受け取らない限りには、落ち着かない。
何故ならば、この中にはナンバーの控え書や、当日の案内などが入ってるため、これがないとボストンのスタートに立てない。
これで一安心・・・
後は行くだけだ!って、練習してるのかよつーか、走れるのか?自分・・・

それともう一つ待ってた郵便物は、

IMG-20120329-00165_convert_20120330095423.jpg


IMG-20120329-00166_convert_20120330095458.jpg

東京マラソンに記録証。

とりあえず、このタイムが私の自己新だから、参加資格タイムが必要な大会の時には、この書類が必要になってくるのだ!
来年のボストンマラソンも、この東京のタイムで資格GET出来たから、この記録証は本当に大切なのだ。

ところで、なんでマラソンをする人は、そんなにボストンにこだわるか・・・きっと、マラソンをしない人は分からないと思うけど、ボストンマラソンは、オリンピックが開催された次の年から始まってるマラソン大会で、とても歴史のある大会なのだ。
世界のマラソン大会の中で一番古い大会がボストンマラソン。
しかも、この大会は、東京マラソンや、大阪マラソンの様に、申込みして、抽選で当たれば出れるっていう大会ではないのです。
ボストンマラソンに出る為に、参加資格タイムというのがあり、このタイムを目指して、色々な大会に出てるって感じ。
そんな大会だから、もちろん、本格的なランナーばかりが参加してる大会。
憧れのボストンに出れる事になって、頑張って練習した甲斐があった。
でも、脚の方が今一つ調子良くないから、晴れ舞台のボストンはどぉ~かな??
まっ、雰囲気だけでも思いっきり楽しんで来ることにしよう~~
スポンサーサイト
日本へ帰国すると、いつも集まってくれる仲間が私にはいる。
なんと、幸せな事だろう・・・
仕事で疲れてたり、忙しかったりするのに、本当にありがたい事だ。

いつもありがとう!!!

DSC00298_convert_20120326232203.jpg

DSC00297_convert_20120326231859.jpg

実家の同級生。
高校の時の同級生なんだけど、私はず~~っと地元にドップリだったので、中には、小学校、中学校、高校と12年間同じヤツが3名もいる!!
もぉ~全て知ってるって感じ・・・だよね。


そしては、20歳の時からのダチ。

424813_251607538257048_1819740873_n_convert_20120326232319.jpg

彼らとの出会いはいわゆる・・・ナンパってやつ?
でも、恋愛感情を持つこと無く、付き合う事なく、この歳まで仲良く続いてる。
良いこったぁ~


こいつらみ~~~~~んな同じ歳。

メタボ気味の人もいるけど、皆、身体に気を付けて、元気で生活して行こうね!!
また、日本へ帰ったら、遊んでね。





3月11日 震災から1年後に開催された京都マラソン。
京都マラソンは市民マラソンには珍しく、競技場からのスタート

1_20120322234009.jpg


5_20120322234008.jpg

私も競技場からのスタートは初めての体験で、なんだかワクワク。
オープニングセレモニーはサクサクと行われ、競技場内にいる約1万人の人達が、司会者の‘黙とう‘の一言で一瞬にして静まり返った。何とも言えない緊張感。

そして、8時30分 号砲

さて、今回はどんなドラマが待っているのだろうか??!!

スタートして間もなく、やはり左の腿の裏に異変を感じる・・・ヤバイな。
このまま走り続けるか、棄権するか迷った、考えた。
でも、まだ半分も走ってないし、だまし、だましだったら何とか脚は動くが、一歩、一歩を踏むたびに痛みが走る。
マジ、つらい・・・
この辛さ、そ~いえば100Kmのウルトラマラソンの時の辛さと一緒の気がする。
だったら、走れる!と思い、頑張って走ることに。

そしたら・・・10Kmちょい手前で、ランナーが沢山・・・何、何、何と思ったら、緊急車両進入の為、ランナーが足止めされた!!

今まで、何回かマラソン大会に出たけど、こんな事、初めてだし・・・というか、何、何、ストップって!?って感じ。

3_20120322234008.jpg

まぁ~私はタイムは狙ってないし、別に止まった方が休めるからいいかぁ~~的な考えだったけど、私の回りの人達はブーブー文句を言ってた。
もし、私もタイムを狙ってたら、爆発してただろうなぁ~~。
5分以上の足止めの後、ハムストリングの痛みは消えないまま、走り続けた。

お坊さんが手を振って応援してくれた仁和寺や、

4_20120322234008.jpg

大文字焼を見たり

2_20120322234008.jpg

加茂川沿いの細い所を走らせられたり、

8_20120322234046.jpg

普通の大会ではあまりない様な所を走った気がする。

そして、

7_20120322234046.jpg

きた~~~あ!!! ご~るの平安神宮。
この大鳥居、待ってたよ・・・

9_20120322234046.jpg

と、何とかサブ4にて無事ゴールが出来ました。

京都マラソン、沿道の応援もいつも沢山居たし、ボランティアの人達は、声を張り上げて応援してくれてたし、思ってた以上に暖かい大会だった。

ただ・・・・やっぱり、マラソンコースが良くない!!
恐らく、来年は改正される事でしょう。


これで、私の日本マラソンツアーは終了。
毎週末に大会は、やっぱり疲れるわ・・・・(笑)


東京マラソンから2週間後の3月11日に第一回 京都マラソンが開催された。

東京マラソンで全ての力を出し切ってしまった私は、気力もなくなり、おまけに左の腿の肉離れという最悪の怪我まで発症してしまった。
新幹線、ホテル共に予約済みだったので、とりあえず、京都へは行き、脚の調子次第では、DNSをも考えていた。
もし、走れる様だったらカメラ片手に、写真を撮りながら、走るという事を楽しんでみようと・・・

3月10日 新幹線こだま号に乗車。
京都マラソンと同日に、名古屋ウィメンズマラソンも開催される事になっていたので、おそらく、この時間帯の新幹線は、沢山のランナーを乗せていた事だろう。
東京駅のホームには、既にそれらしき人が沢山いたし・・・

京都へはお昼過ぎに到着し、その後、今回のお宿素泊まり3900円の ホテル 杉長へ。
値段が値段なので、ホテル自体、あまり期待はしていなかったが、このホテル、もしかして当り!!だったかも。
部屋は6畳一部屋を独り占め出来、しかも部屋にはバス&トイレ付。
その上、地下には大浴場(と言っても、8人ぐらいが入れるお風呂2つ)あり、
おまけに、ゴールの平安神宮から徒歩20分ぐらい、そして、ホテルチェックアウト後も、大浴場を使わせてくれた!というサービス満点のホテルだった。
もし来年、京都マラソンに出る事になったら、間違いなく、このホテルを予約しようと思う。

そして、ホテルチェックイン後、市内観光をちょこっとし、京都マラソンのEXPO会場へGo!!
このExpoがぁ~~~~~
しょぼ~~~い。
30分もあれば終わっちゃうような、そんな規模の小ささだった。

唯一面白かったのは、私は海外枠での当選だったので、受付などすべての事が、海外ランナーという別枠が設けられてた。しかも、ゼッケンも海外枠って分かる番号になっていた。
ん~~なんか微妙な気分。

その後は、ランナー仲間との前夜祭。
初めましての人や、2週間振りの人など、楽しい時間を過ごし、コンビニで明日の朝食を購入し、ホテルへ帰って京都マラソン本番に備えたのでした。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。