上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSC00786_convert_20090505014042.jpg

いよいよバンクーバーマラソン当日。
心配されてた天気もどうやら、大丈夫みたい。
今回は、ハーフ(21Km )という事だったので、緊張感がなかったみたい。
その証拠に、前日はカナックスの試合(ホッケー)を観に行き、飲んで、大騒ぎをしてしまった。

前夜は騒いで疲れたのか、夜11時頃にはお休みモード
ベットに入っても、すぐ寝れてしまって、目覚しに起こされるまで、一度も起きなかった。
フルの時は、なかなか寝れず、数時間おきに目が覚めたりするのに、こんなにも緊張感が違うのか!としみじみ感じた。

いつものように、レース当日はお餅を食べ、Vaamを飲みいざ出陣
今年のエキスポはテントなので、狭いの何の!って。ちゃっちぃ~~~~~~
おかげで、荷物を預けるとことが混雑しちゃってて、もっとオーガナイズしてくれよぉ~と思った。
不況の波はこんなところまで影響してるのね・・・
その後、ランスマ(私が入ってるチーム)の集合場所へ行き、みんなと会って何だかホッと・・・
やっぱり、レースの時って一人ぼっちは悲しいのよね。

私が出るハーフは朝7時スタートという事で、フルの人より30分早いスタート。
15分ぐらい前に、ランスマのジグさんとスタート地点に向かった。その際、ペースはと聞かれ、とりあえず2時間以内と私が答えたら、大丈夫だよ・・・って。
うぅ~~ジグさんこの一言、なんだか、プレッシャー

オーカナダ(国歌)を歌い、スタート。
いや~ハーフは人が多いなぁ~(東京ほどではないけど)、初めは転ばない様に、それだけを考えて走った。前半、パワー温存レースで挑んだので、とにかく、抑えめの走りで。
でも、バンクーバーのハーフって、坂が多いって気づいたよ。
プチ坂もたくさんあったりして、パワー温存にならなかったかもしれない
バンクーバーマラソンハーフコースの難関、スタンレーパークへ突入。
一番のきつい坂、プロスペクトポイントへ行く前までの上りも辛かったなぁ~。

sb49cd27c6019e0_convert_20090505021202.jpg

ハーフで1時間かかってしまっていたやばいやばい・・・
いよいよプロスペクトポイント、何回か練習したので、辛さは知ってはいたが・・・いつまで続くんだよ、この坂と思いつつ、絶対歩かない、絶対止まらないを誓い、一生懸命腕を振った。
最後のカーブが見えた時、頂上はすぐそこと思い力を振り絞り、頂上!
このあとは、前半の遅れを取り戻すために、下りを利用してスピードUP
下りをうまく利用出来た走りが初めて出来たと思った。足もスムーズに動いていたし、スピードに乗れて、いつもだったらブレーキがかかってしまう下りRunも、本当に昨日は上手く走れた。

スタンレーパークを過ぎてから、友達が応援に来てくれてて、大勢の中から私を見つけ出してくれて、声援をもらった(&撮影)
嬉しいよね、応援されるのって・・・本当に力を貰える。
そこからは、自分の持ってる力を出し切る感じで、スピードUP
ゴールのアーチは見えているんだけど、なかなか近づかないのよね。
もぉ~私のパワーないよ、スピードダウンする?・・・と弱気の自分が出てきたけど、そこは戦った。負けない・・・今日は負けない。100%の力をだすのだ!と頑張りました。

そして、やっとゴール。
自分の時計で1時間53分ジャスト。
チップタイム1時間52分56秒。
人間は欲というものが出てしまうようで、今度は50分切りたいと思ってしまった。

DSC00789_convert_20090505014148.jpg

Runの後は、ランスマのメンバーとの打ち上げ。
これがあるから、頑張れるのです。

打ち上げレポートはまた次回にします。



スポンサーサイト
コメント
お疲れ様でした。
お互い走り方は違うけど無理せず
楽しく走る事を心がけましょ~ね!
2009/05/05(Tue) 03:59 | URL | いたろう | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。