上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
普通の日本の会社って、手取り足とり、全てを教えてくれるものなのだろうか?
問題が起こった場合、どの様に対処して、どの様に接するか、全て教えてくれるものなのだろうか?
しかも、その時の言葉、一語一句教えてくれるのだろうか??

私の前職は外為ブローカー
きっと、誰しも?????って感じだろうけど、厳しい世界だった。
要は営業
しかも、お客はバブル時代の銀行員。
経済の事など全く知らない、分からない、日経新聞なんて読んだことのないこんな私でも、お客にアピールしなければ営業の仕事にならないと思いで一応、頑張った。
そんな時代に育った私は、上司という人が、何も私に教えてくれず、観て覚えろ!という厳しい人だったので苦労した。
私にとっては、全く無知の世界だったから・・・
でも仕事だから、自分なりに出来る事をし、勉強し当時の彼氏に色々な事を教わった。
こんな私でも、努力をして自分で考えてここまでやってきたのに・・・・

草!!はなんだ!!

そ~~~です、久しぶりに草、登場です。

昨日、出社するなり、草が・・・‘すいません、相談があります‘と・・・
問題が起こり、どぉ~~しましょう~~だった。
おいおい、君、その前に、こういう問題が起こりました、こう対処してもよろしいでしょうか??って言うのが普通では??そろそろ、草君も入社して半年以上経ちますよね??
自分が犯したミスは、自分で始末しましょうよ。
どぉ~~しましょ~~って、相談しにくるな!自分で解決策を考えろ!

これがいまの若者、社会教育なんでしょうか??
私の時代は違ったのに・・・

いつまで経っても仕事が出来ない草君は、独身、30歳、彼女いない歴4年。
彼の結婚式には絶対行きたいと思う私です。




スポンサーサイト
コメント
No title
仕事の出来る人は、何処でも何の仕事でも出来るのですよね。その取り組み方で決まります。半年も過ぎればかなり分かります。
2010/01/27(Wed) 20:24 | URL | コウちゃんパパ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。