上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日、ある人から面白いサイトのリンクを貰った。

その名も‘ゆとり社員 攻略マニュアル‘

http://marisol.nikkei.co.jp/around40/20100331/okite1.html

家の草君も、入社当時はそうだった・・
でも最近になって、やっと人並みの仕事が出来るまで育ってくれた。
草君には、ビシビシとスパルタ教育をしたけど、めげずに頑張れる力があったんだと思う。

このサイトを観て、今、ワーホリで来る子達の典型だと思った。

‘両親、母方・父方の祖父母、計6個の財布をあてにでき、欲しいものはなんでも買ってもらえた人も。
厳しく叱られることなく“子殿様”として大人たちにかしずかれた経験からか、「我慢」の概念が希薄な模様‘


その通り!

‘幼少期からあたりまえの道具として、携帯電話やパソコンを使ってきた世代。
人とのやりとりは、直接会話するよりメールのほうがなじむ。‘


滞在先にネット環境が無かったら、即クレーム、変更したい!!
カナダに到着したその日に、携帯電話の契約・・・・そのくせ、生身の人間とは話すことが出来ない。

書類のコピーとファイリングをしてもらおうと思って頼んだら、「今、私、忙しいからムリ」と、断られた。

新人男性を叱った。仕事のやり方や態度について厳しく叱りはしたけど、怒鳴りもせず、かなり気をつけて叱ったのに、みんなの前で泣かれてしまった。


親にも怒られた事が無い子がたっくさんいるんだよなぁ~~
私なんか、よく父にビンタ頂きましたよぉ~~その度に、ふっとび~~~でした。

ゆとり社員の育て方、付き合い方ものってたけど、それでいいのだろうか??
お互いの譲歩が必要なのではないだろうか??
こちらが一方的に歩み寄るのではなく、ゆとり方面からの歩み寄りも必要なのでは?と思ったけど、良く考えてみたら、ゆとり組には、そんなことは理解できないんだわ・・・
だって、知らないんだもんね、仕方ない。

でも、いいのかな??このままで・・・・


スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。