上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京都滞在2日目。この日は、生憎の雨、雨だけど、そんな事は言っていられず。
早速、朝から行動開始。
とりあえず、京都駅へ行き、市バス一日カード(500円)をGET

shibasusennyou[1]

まず、始めに向かったのは、清水寺。

清水寺は法相宗(南都六宗の一)系の寺院で、広隆寺、鞍馬寺とともに、平安京遷都以前からの歴史をもつ、京都では数少ない寺院の1つである。また、石山寺(滋賀県大津市)、長谷寺(奈良県桜井市)などと並び、日本でも有数の観音霊場であり、鹿苑寺(金閣寺)、嵐山などと並ぶ京都市内でも有数の観光地で、季節を問わず多くの参詣者が訪れる。古都京都の文化財としてユネスコ世界遺産に登録されている。

ウキペディアより。

DSC00042_convert_20111019095935_20111019101025.jpg

音羽の滝でお水を頂き、一通り観光した後、清水寺を後にした。
その後は、参道で大阪からの友達と待ち合わせし、お茶屋さんにて休憩

次に目指すは鹿苑寺(金閣寺)

京都市北区にある臨済宗相国寺派の寺。寺名は足利義満の法名に因む。山号は北山(ほくざん)。寺紋は五七桐[1]。室町時代前期の北山文化を代表する建築で、1994年(平成6年)に古都京都の文化財として世界遺産に登録された。中心となる建築物である舎利殿を金閣、寺院全体を金閣寺と通称する。

DSC00047_convert_20111019100055_20111019101024.jpg

金閣寺の由来にふさわしいくらい、キラキラだ。

金の次は、やっぱり銀でしょ~という事で、銀閣寺へ。
でも、金閣寺から銀閣寺ってちょっと遠いのよね。

DSC00044_convert_20111019100022_20111019101024.jpg

銀閣は、足利義政の山荘東山殿に造営された観音殿のことで、義政の祖父・3代将軍義満が建てた金閣と対比されて用いられる通称である。金閣および、飛雲閣(西本願寺境内)とあわせて京の三閣と呼ばれる。

金の次に見ると、銀閣寺は地味~~~な感じ。
銀の方が好きという人も居るみたいだけど、私はやっぱり、金のキラキラの方が好きだぁ~!

そして、ここでお友達とさよならをし、一人行動へ。
と言っても、時間も無くなってきている事から、いける所は、あと一か所くらい。

そこで、最後に行った所は、三十三間堂。

DSC00052_convert_20111019100138_20111019101023.jpg

建物の正式名称は蓮華王院本堂
本堂が三十三間堂と称される。これは、東面にして南北にのびるお堂内陣にある柱間が33もあるという建築的な特徴からきている。33という数字は観音菩薩の変化身33身にもとづく数を表している。

千手観音坐像は、左右に1000体の等身観音立像に囲まれていた。

今回、色々なお寺へ行き、なんか心が安らかになった感じがしたけど、ここは、ちょっと怖い感じがしたなぁ~。

時間的に夕食タイムとなり、さて・・・・贅沢に京料理でも!と思い、いざ祇園へGo

その前に・・・

DSC00059_convert_20111019100225_20111019101023.jpg

八坂神社。

それにしても、京都っていう街は、街のあちこちにお寺が普通にあるんだよね。


八坂神社から歩いて数分の所にある、

祇園 なん波

知り合いからの紹介で、行ってみました。
大雨の中、観光をしてたので、びしょびしょできったな~~い恰好をしていたにも関わらず、
イヤな顔せず、向かい入れて頂きました。
良かったぁ~。祇園のお店行くときは、綺麗な格好をして行かないといけないよ!って言われていたんだけど・・・
一品、一品が上品で、とても美味しかったです。
(お財布は痛かったけど。)

そんなこんなで、京都の2日目が終了。

明日は広島だぁ~!!


スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。