上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私にとって初のボストンマラソン。
そして、ず~~っと憧れだったボストンマラソン・・・・が・・・・見事、惨敗。
初フルのタイムよりも悪く、見事、ワースト記録を叩き出した!
人々は、今年のボストンは仕方ないよ。。。何事もなく完走しただけでもスゴイよ!と言ってくれるが、自分自身で納得出来ない所があり、不満足。

実は…このレース、全てが失敗。全てが自分のミス

だから、この腑に落ちない感や、イライラ、腹正し感・・・もぅ~

でも、仕方ない。レースは終わっちまったんだから・・・

さて、今年のボストンマラソンは、きっと今後何十年も語り継がれるであろうという大会になった。
何が!って・・・気温が上がりに上がりまくり、最高気温が30℃超えとなった。
数日前から、ボストンマラソン事務局(BAA)からメールが届き、当日は暑くなる予報だから、気を付けるようにとか、暑いなか走る自信がない人は、棄権してねぇ~とか、書かれてた。
おまけに、ゼッケンを貰いに行った時、対応してくれた人が、今年棄権しても、参加資格は来年に移行出来るから大丈夫よ!とまで言ってた。
確か、来年は基準タイムが厳しくなったと思ったんだけど・・・

走ってる最中は、とにかくメディカルのお世話になることなく、無事に明日の飛行機に乗れる事だけを考えて走ってた。
給水場では、水を飲みまくり、日陰を見つけては、その方向へ行き、そして休み・・・大げさかもしれないけど、死なない様に!!とそればかり考えてた。

オフィシャルの給水だけでは足りず、私設エイドの人達から、お水を貰ったり、オレンジを貰ったり、氷を貰ったり・・・どこの国でも私設エイドの人達には感謝です。

沿道の応援、ボランティアの人達もあの暑い中大変だったと思う。
ボストンのスゴイ所は、沿道の人達の応援とBAAの運営が素晴らしい。
さすが、歴史ある大会だと思った。と、共に、これがボストンマラソンの魅力の一つなんだろうなぁ~。

今年味わったこの悔しさと、素晴らしさをもう一度経験したいけど、来年はどぉ~かな?行けるかな?
来年のタイムは既に東京マラソンでGetしてるので、来年も参加資格はあるんだけど、金銭面がピンチですわ。

また、遠征レースだったけど、仲間が居てくれたおかげで、楽しい遠征になりました。
ありがとうございました。



マラソンの前々夜祭から始まり

554463_3012899642777_1271108882_32180742_940300619_n.jpg

DSC00317_20120421000543.jpg

マラソン後の給水会(打ち上げ)

DSC00333_20120421000541.jpg

そして、スタート前(やる気がある時)

DSC00325_20120421000542.jpg

参加賞のシャツとメダル(やっぱりステキだ!!)

DSC00334_20120421000618.jpg


そして、次は絶対、笑顔でくぐってやる!と決めたゴール。

IMG-20120414-00175_20120421000617.jpg

IMG-20120416-00179.jpg




 

スポンサーサイト
コメント
来年も、走ろうぞ・笑

もう少し安くて、快適な宿もあるんとちゃう?
2012/04/20(Fri) 15:10 | URL | Yoshi | 【編集
yoshiさん
ボストンは全てが高いよ。フライトも高いし、ホテルも高い、おまけに物価も高くて無職の身には、痛い場所です。

2012/04/20(Fri) 16:41 | URL | miyuki99 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。